このサイトでは、皆様の閲覧体験からサイトの改善を目指すことを目的としてCookieの使用に同意いただくことをお願いしております。
このサイトを継続して使用されることにより、Cookieの使用を受け入れて頂いたことになります。
詳しくは、私たちが設定している個人情報保護方針をご覧ください。
Close

FIB回路修正

材料分析

液中ナノ材料分析 K-kit

お申込みフォーム

ダウンロード

MA-tek FTP

サステナビリティレポート 本文一括ダウンロード

環境ストレス試験

製品の信頼性試験の中で、一般的な環境要因には、温度、湿度、温度サイクル、ほこり、腐食性物質、日光、圧力などさまざまなものがあります。信頼性試験は、実験装置によってこれらの要因が製品に及ぼす効果を加速し、環境ストレスに対する製品の極値レベルを確認します。

 

システム製品は、はんだ付けや組み立てによって多くの部品やコンポーネントで構成されているため、製品全体にかかるストレスは個々の部品のそれとは異なり、また、実際の使用環境もさまざまであるために、信頼性に関して考慮すべき事項には多くの違いがあります。

代表的な温度要因としては、高温、低温、サイクル、急熱、急冷などがあり、動的環境下では化学的な活性化反応が促進され、構成材料の膨張・収縮などの温度耐性により、構造上の問題が顕在化する可能性があります。 また、湿度も要因の一つで、動的環境では、湿度の上昇は多くの部品材料に腐食や漏れの問題を引き起こし、吸湿は材料の膨張や、高温の場合は材料の割れを加速させる原因となります。温度と湿度は同時に検討しなければならない複合的な要因であることが多く、また、低温・低湿度の特殊な環境では、対処しなければならない深刻な静電気の問題が発生することもあります。

 

日光、雨などの他の一般的なシミュレーションテストには、特定の実験的重要性があり、製品の使用環境によって異なります。たとえば、屋外製品では酸性雨の深刻さが増しているため、腐食試験が比較的重要になります。また、また、屋外に設置される電子機器の中には、日光や風雨にさらされる可能性があり、防水および防塵機能を慎重に検討する必要があります。

このように、システム製品では、使用環境に応じて適用可能な試験項目を使用する必要があり、信頼性試験の設計が複雑になります。  

環境ストレス試験プロジェクト

  • 高温/低温試験
  • 乾燥高温試験(High Temp. Test)
  • 温湿度複合試験(湿熱試験)
  • 温度サイクル試験
  • 高度試験
  • 環境ストレススクリーニングテスト(ウォークインによるESS)
  • ソルトスプレッドテスト
  • 周期的塩水噴霧試験
  • 防塵試験
  • 水質検査
  • ガス腐食試験
  • ソーラーテスト

 

図1 環境試験環境

   

よくある問題

Q1. 超低温低湿10℃/10%RHは可能ですか?

A. 超低温低湿限界は5℃/5%RHで実現可能です。

 

Q2. TCTは20℃/minのスロープは実現できますか?

A. TCTマシンは、-40℃〜+85℃の条件下で最大20℃/分の温度変化要件を満たすことができます。

 

Q3. 高所試験で負荷できる最大ワット数はどれくらいですか?

A. 最大6KWです。

 

Q4. ウォークインチャンバーに搭載できる最大ワット数は何ですか?

A. 最大6KWです。

 

Q5. 防水・防塵レベルはどのカテゴリーに適用できますか?

A. IEC60529規格によると、防塵:IP5X~IP6X、防水:IPX1~IPX4、IPX7~IPX8となります。  

 担当者

名古屋ラボ|営業部

趙文卓

: 052-705-1688 ext:1

: 090-6322-9683 

: sales_japan@ma-tek.com

名古屋ラボ|新規事業開發部

長谷川 文哉

: 052-705-1688 ext:3

: 080-5322-2380

: FumiyaHasegawa@ma-tek.com